どうどん!

30代の男が現代のマウント合戦の愚かさついて語る回

投稿日:2019年06月19日

マウント
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

大人になると、やたらと「マウント」を感じる。
最近は「正社員・非正規」と格差が大きくなったので、
そこで完全にグループが分かれてしまう感じです。

現代の30代として、感じてきたことなどをちょっと語ろう。

基本はやはり仕事

男の会話はほぼ仕事のことになる

「何の仕事してます?」というのは、99%聞かれる。
遠回しに「今日、仕事は?」とか聞いてきたりもする。
スーパーで買い物してても店員から聞かれるほど、定番の質問だ。
自信ある人は会社名を言う。無い人は職種を言う。

なんでだろうか。男は相手の仕事が気になる生き物のようだ。

一度言えば、それはそれは広まります。
言ったらもう、全員に広まると思って良い。
学校で好きな人を言うのと同じ。

聞いてもないのに保育園のお父さん全員の職業を知ってたりする。

正社員と非正規

非正規社員は居心地がすこぶる悪い。

仕事に自信を持てないと、会話も入りきれなくなります。
集まりに消極的、仕事の話を一切しない、グループを作らない、
これでだいたい、非正規かどうかわかってしまう。

こちら側としても、「ボーナス50万円!」とかいう話しがウザい。
原付買うのが限界な財力なのに、車を買う話しとか。

この場合、相手も気遣って仕事のことは聞かないものです。
だから、「仕事の話を聞かれない=すでにマウントを取られている」ということになる。
相手の見下している感がわかる。

自信もって会話に入ってくる大人は、たいていは正社員で良い仕事。
仕事のことを聞いてくる人も同じく。

この「正社員 or 非正規社員」のマウントはかなり大きい。
世の中どうしても「嫌な奴」はいるもので、非正規社員は何かと生きづらい。

年収マウントは感じない

正社員の場合、年収は気にすることないと思います。

年収など職種で違ってくるので、職種マウントはあんまりない。
意外とここは相手の職業を敬っている感じがします。
年収低いけど、飲食店勤務の方が重宝されたり人気者になったり。

ただ、奥さん側としては違ってくるだろう。
旦那自慢をするには、やはり年収が大事になってくる。
というか、高級車乗って遠回しにアピールしますね。奥さんは…。

このあたりは知りたくもない事情なのでパス。

言いたいこと

マウント取ったり、見下したりするのは情けない。

2chとかTwitterとか、ネットでもマウント合戦を感じます。
正社員は非正規を馬鹿にして、非正規は引きこもりを馬鹿にする。
マニアがにわかを馬鹿にしたり、何かと上に立とうと発言を繰り返す。

上に立てる人は気持ち良いだろうが、そうでない人は弱くなっていく。
ネット上では強く反論して逆に馬鹿にしてたりしても、
やはり心の奥には「弱い自分」という認識があり、リアルでは弱くなるものです。

引きこもりが社会に出られない理由の一つに、ここがあるのではと思っています。
「コミュ障」というのも、実際は自信がない自分が原因だったりもするだろう。
弱い立場の人は、ネットをやればやるほど心が弱くなっていく。
強がりはしょせん強がりです。

マウントをすればするほど、「生きにくい世の中」になっていく。
くだらないマウント取りなど止めて、誰もを敬って生きていきたい。
本当に強い人は、自然とそうなっているはずです。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!