どうどん!

店員へ挨拶をするとこんなに良いことがある

投稿日:2019年07月29日

元気な挨拶
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

店員への挨拶

やっていない人がほとんどだろう。
自分はもう、言える雰囲気であれば「こんにちは!」と挨拶しています。
挨拶するとこんな良いことがあるので、今日から皆も実行だ。

主にこの3つの良いことが起こります。

1、店員と友人になれる

仲良くなるには挨拶が基本

挨拶もしない友人などいない。
「よ!」くらいは言うものだろう。
店員に挨拶をすると、友人のようになっていきます。

この付き合いを苦手とする人は多いようですが、やはり良いものです。
何かあった時に気楽に相談できるというのは強い。

学校の友人とかならあまりにも増えると大変なものですが、
店員との付き合いは全く心配ありません。
増やすことはメリットしかない。

2、裏情報を知ることができる

雑談で面白い話しを聞かせてくれます。

これがけっこう楽しい。
新商品の売れ行きどう?とか、何でも聞ける。
「明日からセールだから明日買うのがいいよ!」と助けてくれたりも。

クーポンなくてもクーポン価格にしてくれたり、
気持ち大盛りにしてくれたり、
店員と仲良くなると何かとお得です。

3、お店以外で繋がる

だいたい、子供と同じ学校のお父さんお母さんだったりします。

近所の昼間の店員なんかは特にそうです。
高確率でPTAや習い事とかでいっしょになります。
こうなると、お店で情報連絡ができるという。

店員であっても何かしら関連があるものです。
したがって、「嫌な客」と思われるとデメリットが大きい。
PTA等で相手にしてくれない可能性がある。

だから、普段から挨拶して「良い客」になることが大事です。
人間、いつどう繋がるかわからないもの。

最後に:挨拶は壁を無くす

挨拶は人間の基本

店員であろうと人間同士が出会うわけなので、挨拶はしないといけない。
店員だからと挨拶をしない理由にはならないはずです。
特に、よく行く店では必ず挨拶をしたい。

「お客様」「店員」と考えて対応するのは良くない。
それはそれ、人間は人間です。
挨拶をすると人間との関係になれる。

日本はここが圧倒的に足りない。
くだらない壁を作りすぎる傾向にあると思います。
みんなが挨拶すると、すごく働きやすい国になるに違いない。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!