どうどん!

良い批判と悪い批判 ここを知らないと社会で詰むと思う

投稿日:2019年06月19日

批判
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

良い批判と悪い批判

世の中の多くは「悪い批判」だと思っています。
だからまぁ、気にすることはない。
でも、スルーしてはいけない。

そんな適当な話し。

良い批判とは

きちんと理解した上での批判が良い批判(だと思う)

例えば、無知な事柄にTwitter140文字だけを見て批判するのは、悪い批判です。
思考停止で「ブラック企業!潰れろ!」とリプ。
そんな人が多いのが世の中。リアルでもごく当たり前の光景です。

視野の狭い学生なんかは、たいていはこうなります。
判断材料があまりにも少ない。

現状を理解するのが基本

なぜこの現状があるのか?を理解した上で批判をしたい。

何事も現状に至った原因があるものです。
この「原因と結果」は絶対に意識しないといけない。
「結果」だけを見て批判など、愚かすぎる行為。

「これが正しい姿」ということだけを覚え、それと違ったら批判する。
正論が流行りな今、そんな人が増えてるなぁと感じます。

でも意見は受け入れる

悪い批判をする人がほとんどなので、それが世間ということになる。

商売は世間に向けて行うものなので、そういった人々が対象です。
だから、賢い人にだけ受け入れられる商売は失敗すると思ってます。
馬鹿に受け入れられないと稼げない。だから、馬鹿の考えは理解する必要がある、と。

そのため、悪い批判も受け入れて、世の中の流れを知る。
そういった視点でネットをやっていると、ストレスなく楽しめるかなと思います。

嘘を嘘と見抜く力。スルー力。昔から大事。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!