どうどん!
どうどん
更新日:2019/06/26

「若い時は苦労しろ」の正しい意味は多分これ?

苦労しなさい

「若い時は買ってでも苦労しろ!」

という言葉は有名ですが、なにかと賛否両論。
こんな答えのないものに必死にレスバする人は愚かなものですが、
自分なりの考えをちょっとだけ語っておく。

そもそも、苦労は気づかないもの

若い時はやっていることを苦労と思っていない。

若者は世間知らずなので、今やっていることが苦労なのかどうか?わかっていない。
30代くらいになって、「よくあんなことやってたな…」と思うものです。
超ブラックな仕事でも「こんなもの」と思えば”苦労”ではない。

後から「よくあんな苦労してたな。それが生きている。今はできない。」と感慨深くなり、
おっさんが若い人に「苦労しろ」と言う。
根本的にはそんなところだと思ってる。

人間の心理としては間違ってないと思う

最初にぬるま湯に浸ると、もう戻れない。

人間、楽を覚えると抜け出せなくなるものです。
歳を取るほどに楽を覚えていくものなので、徐々に動けなくなる。
だからこそ、若い時に苦労しておけ、と。

馬鹿なうちに馬鹿なことをしておく。
若い時しかできない貴重な経験です。

要約すると

「置かれた立場で一生懸命やりなさい」ということだと思う。

受験することになったら、全力で勉強。
工場で働くことになったら、一人前になるべく必死に働く。
結果的に、それが後々の”楽”に繋がっていくものです。

長いこと仕事をしていると、「楽するやつの未来は悲惨」ということが見えてきます。
やっぱり、一生懸命頑張っている人が報われる。

自分のように楽ばかりしないで、誰よりも一生懸命頑張りなさい。
その後悔の念から「若い時に苦労しなさい」という言葉に。

いろいろな考え方はあるけども、100%間違いではないのは確か。
素直に受け止め、ふとした時に思い出すようにしておきたい。

是非ご感想・ご指摘等をください。

記事ランダム
どうどん!