どうどん!

わかりやすく子供に勉強する意味を教える方法

投稿日:2019年06月27日

なんで勉強しないといけないの?
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

子供に勉強する意味を教える

子供がいると、必ず勉強する意味は教える時が訪れます。
そんな時にどう教えるのが良いか?

子供は想像以上に馬鹿なので、ほとんどは理解できない。
だから、簡単でかつ想像が付くように教えたい。

興味あるもので考えさせる

自分がよく使う手法は、「ニンテンドーSwitchのどの部分を作りたい?」です。

デザイン、プログラム、ストーリー、音楽、ボタン、いろいろあります。
樹脂成型の現場作業員なら高卒で十分ですが、金型設計となると大卒の生産技術系です。
根本的な設計(デザイン)も大卒の開発です。

ゲームのプログラムも、ほぼ任天堂に入社しないとダメだと思います。
そうなると京大など一流大学に行く必要がある。

子供は「うーん」と悩んだり、適当に答えるので、別にここはスルーでもいい。
こういった話しをして勉強する必要性を感じさせます。

仕事の選択肢が広がる

やはり学歴が高いほど仕事の幅が増える。

高卒が大企業に入るには工場やサービス系などになりますが、
大卒なら一応は全職種に対応できます。
実際は現場は大卒はあまり取りませんが、できないことはない。

そのため、将来の夢が何もないのであれば、勉強しておくべき。
これはまぁ、ごく一般的な理論として話されていると思います。

「将来やりたいことが決まってないなら大学に行け」

子供がなんと言おうが、これで突き通して良いと思います。

高卒でも問題はない

現代社会は高卒を馬鹿にしますが、
高卒は高卒で良いところはたくさんあります。

大企業も工場なら高卒で入社できますし、給料もそこそこ良い。
職人系の仕事は高卒を求めているので、誰よりも早く独立できます。
ちゃんとした人生設計があれば、高卒はスピード感があり有利と思います。

大卒が無難ではありますが、高卒を完全否定するのはいけない。
大卒でブラック企業の営業に行くよりよっぽどマシです。

なお、職人系の方がもちろん壮絶にブラック。

この話は定期的に繰り返す

子供の夢なんてコロコロ変わるので、
定期的に聞いて親はサポートしなければならない。

「医者になりたい」とか言ってたらもう、
勉強時間ゼロでゲームとかしてる場合じゃないだろ、となる。
今のままじゃ絶対になれない。そんな現実も教えないといけない。

なんにせよ、子供は放置するとダメだと思います。
まだ早いとは思わず、嫌というほど将来設計を聞き、話し合いをしたい。

自分としては、大卒でも高卒でもニートにさえならなければOK。
そうなってほしい…。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!