どうどん!

PTAは無駄?積極的に参加してきたので、結論を出してみる(良い点・悪い点)

投稿日:2019年07月29日

PTA
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

「PTAとか無駄!」

という声が多いものですが、実際のところはどうだろうか?
自分は自営業で時間を取れるので、
小学校、中学校と積極的に参加していました(ずっと男は自分だけ)。

本当に無駄かどうか?振り返る。

最初に結論

やっていることは無駄ではない。
でもやり方に無駄が多すぎる。

デジタルでやればいいのに、全部アナログで手書きとか。
特に集まることないのに、二ヶ月に一回集まったり。
くじ引きとかWEBでやればいいやん、と。

社会人なら耐えられないだろう。
委員長・副委員長になれば、別途役員会の集まりもあります。
これが月に一回あったりと、すごく面倒。

やっていることは良いのです。
運動会のサポートをしたり、子供の安全に尽力したり。
先生だけでは学校は回せない。

PTAは無くなってはいけないと思う。

なぜ変わらないのか?

これは次の3つが原因と思います。

1、誰もやる気がなく、変えようとしない
2、執行部がおばちゃんばかりで低レベル
3、偉い人の利益のための活動になっている

それぞれ説明します。

1、誰もやる気がなく、変えようとしない

やることもやり方も毎年決まっています

ただ同じことの繰り返し。
去年と同じ文書を配布するだけ。
この通りにやるのが一番楽なのです。

変えるのは何かと労力を必要とします。
会社なら変えようと頑張るものですが、PTAごときで頑張らない。
変えようなんて意見は一切ない。

自分たちでやることを考え、動くなら楽しいと思います。
そんなのは全くない。ただ言われたことをやるだけ。

自分は変えたかったですが、
変えようとすると周りに迷惑をかけてしまいます。
自分だけの苦労ならいいですが、周りの人も苦労する。
女性に嫌われたら終わりなのは、仕事もPTAも変わらない。

だから、今までずっとスルー。

2、執行部がおばちゃんばかりで低レベル

PTAの支配者は執行部です。

執行部がやると決めたことを、各委員会がやるだけ。
執行部は暇な主婦であることが多く、レベルが低かった。
ここが変わらないと、PTAは変わりません。

ひどいところだと、委員会の集まりに執行部が来て、
委員長よりも偉い立場で仕切ります。
もはや委員長の存在価値がない。

まぁ、そうやるのが楽なので、誰も反抗しません。
これが根本的な悪になっていると感じた。

3、偉い人の利益のための活動になっている

地域役員(自治会長等)の利益のためにやることがほとんど。

例えば、定番として講習会への参加があります。
これは地域の役員が動員数ノルマを課せられているため、
学校のPTAを強制して参加させます。
ノルマを達成させると、自分の評価が上がるので必死です。

交通パトロールなんかも、評価アップのためです。
自慢できる地域活動をしないといけないのだ。

PTA活動の半分以上は地域役員のためにやります。
地域役員の利益のために、自分達はボランティア活動をする。
だから、「講習会なんて無駄!」なんて言っても通用しません。

簡単に言うと、「腐ってます」。

PTA活動の良いところ

先生やお母さん達と仲良くなれる。

PTA活動の実際の目的はほぼこれになっています。
無駄なことばかりやりますが、それによりコミュニケーションを取れる。
友人がたくさんでき、先生とも仲良く話せるようになる。

引っ越しして友人がいない人だと、やる価値はあると思います。
今時の連絡はLINEなので、学校のことなどでLINEで相談できるようになる。
自分も仲良しさんだらけになった。

そう考えると、集まるのも無駄ではない。
アナログで時間かけながらやるのも、ほぼ楽しい会話の時間。
なんやかんや、暇な人は楽しそうです。

まともな社会人ならイライラすると思いますが、
コミュニケーション活動だと割り切れば、楽しいものです。

本当、主婦達との情報交換は意外と貴重。

最後に

でもやっぱり、暇な人がやるべきです。

PTA活動は良いところがありますが、
仕事を休んでまでやるほどではない。
半休取って来ている人が可愛そうです。

しかし、コーヒーとお菓子用意してマッタリやりましょう♪と。
自分なら朝8時半開始にしますが、10時に開始という鬼畜。
働く人を全く考えないのが小学校のPTAでした。
ただ、中学校は働く人が多いので19時半だった。

PTAは仕事をしていない人がやるべきだろう。
仕事をしている人は別の用事を割り振れば平等になる。
土日の講習会参加とか、別にPTAの人じゃなくてもいい。

もっと仕事を細分化して、全員参加にしていきたいものです。
次からは執行部に入りそうな気がするので、
そこでどれだけ変えられるか、頑張ってみたい。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!