どうどん!

子供とゲームと制限の話し

投稿日:2019年09月19日

子供のゲーム
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

子供とゲームの問題

自分の世代からゲームが浸透し始めました。
今の子は面白いゲームばかりで羨ましい。
「コンボイの謎」の辛さを体験しなくて済む。

そのせいか、今の子は明らかにやりすぎ。
いろいろと懸念があります。

1、ゲームしかできない人間はダメ

ゲームができないやつは使いものにならないが、
ゲームしかできないやつも使いものにならない。

今の時代、ゲームくらいできないと生きていけません。
自分の世代がなぜコンピューターに強いのかと言うと、ゲームのおかげです。
ゲームがあったからこそ、インターネットが発展したと思う。

しかし近年は明らかに「ゲームしか得意なものがない」という子が増えていると思う。
特にスポーツもせず、友達とも遊ばず、趣味もせず、勉強もせず。
こんな子供が量産されているよう思えます。

完全にゲーム特化。
こんな子供にする親もどうかと思う。
自分の世代にもそんなヤツはいましたが、自然消滅してます。

2、しかしゲームは制限すべき

1日最大でも3時間だろう。

自分の子供もゲーム大好きなので、制限しないと永遠にやります。
「ゲームしかできないやつにはなるな」と教えているので、
ゲーム以外の時間も取れるように制限。

休みの日なら、朝、昼、晩、どれかでいい、と。
部活してたらどう考えても1時間しかゲームする時間ないだろ、と。
勉強せずゲームとか絶対に許さん!とここは徹底。

ゲーム漬けになることはわかっているので、
勉強、習い事をちゃんとやるという約束で買っています。
だから、叱るのも「約束を守れ」で勝てる。強制ではない。

そうなると、子供はやっぱり何かしらで遊ぶものです。
友達と遊んだり、違う趣味を始めたり。仕方なく勉強したり。
本当、制限ないと習い事の練習すらしない。

うちの子の場合は制限しないとダメな人間だった。

3、ゲームをさせないのは悪い

ゲームはさせないとストレスで逆に心配

うちの息子はもう、フォートナイト中毒なのですが、
これを禁止にすると、今後の人生がダメになりそうで怖い。
だから、受験の年ですが制限も変わりなく続行中。

夏休みは毎日3時間フォートナイトをやって、塾に7時間くらい行ってます。
ほぼフォートナイトが生き甲斐のような生活になってますが、
このおかげで勉強もやっていけてるのだと思う。
成績も学年上位らしいので、まぁいいかと。

勉強でも仕事でも、良い成果を出すにはストレスが無いことが重要です。
ここは強く実感しているので、受験前とはいえゲームの完全禁止はさすがに無い。

人それぞれ

この手の問題に答えはない。
人によって最適な方法は違います。

制限しなくても自発的にきっちりする優秀な子供もいるだろう。
優秀な子が集まる学校はルールが少ないのと同じで、
ゲームの制限なんかも必要なくなるものです。

賛否両論ありますが、
親は自分の信じていることを教えるのが役目。
そうしていろいろな人間ができるのが良いのです。

「世間が」とか、「これがいいらしいから」とか、
その程度の考えで子供に押しつけるのは最悪だと思う。
自分の経験から強く信じていることを押しつけたい。

ゲームでも何にせよ、親が賢くないと子も賢くならない。
親も日々成長し、それを子供に伝える日々を過ごしたいなと思います。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!