どうどん!

自分が同人活動を本気で始める時にやるべきこと5つ(考えただけ)

投稿日:2019年06月20日

同人活動
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

同人活動

自分も最近はお絵描きをしているので、
もしかしたら同人活動をやることになるかもしれない。

もしそうなった時、どう動くか?をちょっと考えてみる。
※お金に困って本気で稼ぐ場合

1、開業届&青色申告届を出す

今は会社役員なので、個人事業主として開業することが可能。

会社としてやるには定款を変える必要があり面倒なのと、
個人事業主だと税金がかからないためです。
よほど売れない限り、青色申告の65万円控除で税金は不要になる。

同人活動を何の申告もなくやると、
売り上げ=課税所得となり、税務署からお手紙コース。
馬鹿らしいので絶対に個人事業主としてしっかり確定申告しよう。

多分、壁サーレベルの人以外は税金はかからないはずです。

2、必要なものを最初に買い揃える

最初に強引になんでも経費に

開業前後に購入等したものは創立費・開業費として処理できるので、
ありとあらゆるものを経費にしておく。
引っ越し費用なども処理できるので、けっこう大事。

おそらく、赤字になると思います。
そしたら確定申告で赤字として申告すれば、税金が安くなる。
会社で払った所得税も返してくれます。

創立費・開業費は自由に償却できるので、赤字の調整ができるのが良いところ。
途中で消耗品費として仕分けするより良いです。

くそ高いAdobeCCとかモリサワとか、経費にしない人は大損してます。
パソコン買って経費にしない??嘘だろお前・・と。

3、サークルのHPを作る

やっぱり、HPは無いといけないだろう。

これは自分で作れば年間2000円くらいでできる。
作品を自由にアップできるのと、SNSしない人のための連絡先としても優れている。
事業としてやる際には信用も上がります。

会社を人に紹介する時、やはりHPを求められます。
会社のパンフレットも求められることが多いので、合わせて作っておく。
同人活動も会社となんら変わらないので、やっておきたい。

あとはやはり、検索で引っかかるのがお得。
「小傘ちゃん」のキーワードで上位表示できれば、
より多くの小傘ちゃんファンに見てもらえます。

あって損はないのがHP。

4、宣伝する

画力が無い人は、上手く宣伝しないと売れない。

同人誌販売は未経験なので、適当な考えです。
ただやはり、ただTwitterで絵を投げているだけではダメ思う。
何かしら宣伝して、より多くの人の目に留まるようにしたい。

・ファボリツリプしてコミュニケーションを取る。
・ふたばなどに自分の絵を貼りまくる。
・フォロワーさんを褒めまくる。
などなど

何の商売でも本気で稼ぐためには、ある程度の図々しさが必要です。
多分、「一部しか売れなかった」という人は、遠慮しすぎだと思う。

5、ストレスを徹底排除

創作系の商売の天敵はストレス。

何かを生み出す仕事の場合、精神状態がもろに反映されます。
楽しい気分の時は楽しい絵。笑いのネタが落ちてくる。
逆にストレスMAX怒りモードの時は、描く気分にすらならない。

長いこと商売やっていますが、これが本当に大事だと思っています。
朝から晩まで、良い気分で過ごす。
そうすると商売も創作も上手くいく。

ストレス排除のために環境を整えていく。
お金を使うところはここです。

以上かな…

ここまで本気でやることは無いと思うけど、
考えてみるのは良いことだと思う。

同人活動で食っていくなんて、飲食店開業より難しいと思う。
ローリスクローリターンなので、うま味は感じない。
これで生活している人は「同人活動=宣伝」だろう。
職を貰うための行動の一つだと思っています。

したがって、同人活動をなんの踏み台にするか?という視点が大事かな…。
もちろん本気で食っていく場合はです。
音楽でメジャーデビューした人も、東方同人活動が踏み台になったはず。

あと最後に

起業するなら月収100万円が絶対

100万円稼げないなら独立はおすすめできません。
同人活動で月収100万円とか、ほぼほぼ不可能。
「月収20万円なら生活できる…」と目指す人がいるかもしれませんが、
まず失敗すると思います。副業にしておくべき。

成功する人は「半分ほど上手くいかなくても月収100万円」と考える。
失敗する人は「全て上手くいって月収30万円」と考える。

そう考えるとやはり、普通な同人活動では厳しい。
基本的にはやはり、稼ぐのではなくワイワイと楽しみたいものです。

ファボリツありがとう!!

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!