どうどん!

プログラミングの勉強を始める前に知っておきたいコツ

投稿日:2019年06月19日

プログラミングデビュー
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

学校からプログラミング

最近は小学校からプログラミングの勉強をしているようだ。
ただ、やってることは「考え方」のみで、実際にコードを打つことはない。
良いか悪いかはわからないけど、自分から見たら無駄だとは思う。

そんな自分が、プログラミング勉強の考え方を語る回です。

1、基礎は最初に覚える必要はない

プログラミングは基礎から習うと挫折する。

だいたい、「PHP入門」とかの本は用語の解説から入ります。
本当にもう、これは日本の悪い教育方式だと思う。
面白さの欠片もない。なんか知らんけど覚えないといけない、と。

もちろん、人によって違ってきますが、
自分は「基本から入る勉強法」はダメだと思います。
基本は後で覚えればいい。

2、逆引きすれば上達する

まずはコピペで作り上げる。

プログラミングって、実際に使うコードはわずかです。
英単語の暗記のつもりでやる人は、プログラミングに向いてないと思う。
基本的なコードだけ覚えれば、だいたいはできるもの。

ググると「○○する方法」という記事がたくさんあるので、
それをコピペして、組み合わせると何でも作れます。
プロでもコピペしている、そんな世界。

そうして作り上げていくと、だんだん好きになっていく。
したらば、自然と基本を覚えたくなる。
そうなった時が「〇〇入門」の出番。

3、作りたいものが無いと無理

目的がないと楽しくない。

独学で覚えた人は「俺もこれを作りたい!」という目的があったため、
必死に覚えて達成感を味わい、プログラミングにハマったと思います。
次はあれを!と発展させていくのが、上達の道。

目的が無いと、「ループできるようになった。以上。」となってしまう。
プログラミングは作品を作ってなんぼなので、コードを覚えただけじゃ無意味です。
「これでアレを作る!」とならないといけない。

ということで、まずは本気で作りたいものを見つけないといけない。
ただし、ゲームなんかは難易度が高すぎるので、
チャットくらいの簡単なやつからやるのが良いと思います。
そんなのを楽しく作れるかどうか?が大事かな…。

ゲームしか作るのを楽しめない人にゲームを作るのは無理だろう。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!