どうどん!
どうどん
更新日:2020/09/03

2020年、広告ブロッカーによりアドセンスはオワコンになった

アドセンスの話し

ネットでの広告収入と言えばアドセンス。
だったのですが、最近はダメダメに
もうこれでは稼げないと思って進める方が良い。

そんな話し。

1、アドセンスはなぜダメになったのか?

広告ブロッカーの普及率約70%
(もちろん、ジャンルによる)

今、広告を表示させている人は少ないです。
高齢者かAndroidユーザーくらいだろう。
見る見る普及していき、まだまだ増えていく。

普通に考えて、広告収入70%減です。
なにも悪いことしてないのに70%減というのは恐ろしい。
さらに、最近はコロナの影響で広告が少ないこともあり、
ほとんど稼げていない状態になっています。

ただ面白い記事を書いて稼ぐ手法はオワコン。
ニュースとか天気予報とか、もう撤退寸前だと思う。

おんjとかも終わるで。

2、これからのネットはこうなる

ググっても「何かを売ったりおすすめするサイト」ばかりになる。

アドセンスでの稼ぎ方はとにかくアクセス数を上げることなので、
ただ面白いだけのサイトはほぼ撤退になる。
必然的に物販系のサイトばかりになってきます。

実際、Amazonリンクばかりのサイトが多くなってる。
おすすめランキング!とか、記事の最後に急に商品紹介してきたり。
テンプレかと思うようなサイトばかりだ。

こういうサイトは物販ありきなので質が良くない。

3、アドセンスの代わり

クリック報酬の広告はオワコン。
よって次の広告が代替となる。

・Amazon
・楽天
・Yahoo!ショッピング
・転職、バイト
・動画配信サイト
など

アドセンスの良いところは、万人が対象という点。
誰でもクリックしてくれる可能性があるのが良かった。
それに代わるものとなれば、Amazon等しかないのが現実です。

だからまぁ、おんjもAmazonや楽天の広告を追加すべきだった。
広告ブロッカー対象の広告なんて入れて、あほかと馬鹿かと。

とまぁ、今後のネットはこんな広告ばかりになります。
これは間違いないと言っていい。
どんな内容でもAmazon!楽天!Amazon!楽天!

しゃーない。広告ブロッカーの未来だ。

4、思うところ

やっぱり、広告ブロッカーは悪いで…

そもそも、ほとんどの人や企業は稼げるからサイトを運営しています。
アドセンスの登場により、ネットが良くなったと言っても過言ではない。
アドセンスで稼ぐユーザーのおかげで、今の百科事典のようなネットがある。

何も売るものがないサイトでも稼げる。
だからこそ、あらゆるジャンルのサイトが生まれた。
ここが崩壊したとなると、どんな悪影響が出るかはわかるだろう。

間違いなく、今後のネットはクソになる。
売りたい売りたい!という欲望にまみれたサイトしか出ない。

サイト運営など、まともな人ほどやらなくなる。

5、ということで…

申し訳ないが、自分もAmazon!楽天!にならんとな…

これはもうやむを得ない。
アドセンスなんて貼るだけ無駄。
楽天の方が稼げるサイトが多くなってきた。

自分の理念とはかけ離れた方法になるけど、経営として仕方がない。
広告収入事業に関してはくそみたいなブログで稼ぐしかないのだ。
自分だけじゃない。誰もがこの流れになる。

--

ネットはいろいろとオワコンなところがある。
多分、最後の悪足掻きだろうな…

記事ランダム
どうどん!