どうどん!

残業したい人は意外と多いという事実(残業代が出れば)

投稿日:2019年06月27日

残業好きな人
執筆者:どうどん
Twitterはこちら

「残業したくない」

という声をネットでは多く見かけますが、
実際のところ、リアルでは残業大好き人間の方が多かった。
なんせ、給料増えるし。

残業削減で不満が出る

残業に上限を設けると皆が反発

今までは月の上限がなかったため、
100時間以上残業する人もちらほらいました。
そうなるともう、年収1000万円レベルです。

「残業してたから平社員でも年収1000万円」

そんな時代でした。
それが、月に120時間上限になり、80になり、40になり・・・
給料がどんどん下がっていく。

さすがに40時間上限となると、誰もが引っかかってしまう。
サービス残業する人が続出し、さらに不満たらたらです。

2時間残業くらい余裕

19時まで働いてもきつさは変わらないと思う。

晩御飯を作る、子供を迎えに行くなど用事がある人は帰りたいところですが、
特に用事もない人からすると、たった2時間の残業などボーナスタイム。
強引にでも仕事を作って稼ぐものです。

そして、電話やメールも激減するので、仕事に集中できる。
昼間はずっと会議、残業時間で本来の仕事、ということもできる。
本当、残業しないと会議で終わる。

仕事の成果も上がるし、一石二鳥。

誰も強制していない

残業が基本の職場だけど、誰も残業しろと言ってない。

みんな好きで月にうん十時間残業しています。
別に、しなければしないで何とかなるにもかかわらず。
はたから見たらブラック的な職場だけど、みな自発的。

「残業したくない」なんて言葉を聞いたことがない。
多分、少々の残業でかつ、ちゃんと給料が出ればどこもこうだと思います。
ネットでの不満はそうじゃない職場のことだろう。

想い

残業廃止という流れは日本には合わないと思う。

給料が安いから、残業しないと生活できない人は多いです。
非正規社員はなおさらに。残業で月収+数万円にして暮らしています。

そして、くだらない会議とかくだらない仕事で時間を潰されるので、
残業しないとまともに成果を出すことができない。
定時が基本になると日本がさらに後退する気がします。

最悪な仕事の仕方だと思うのですが、
そんな仕事をさせられるのだから仕方がない。

~。

まぁやはり、残業は無駄だと思います。
同じ成果を出して残業ゼロにすることはできたはず。

だからそうして解決できれば残業ゼロ社会でも良いと思う。
現状の仕事ぶりのまま、残業ゼロはマイナスにしかならないだろう。

先に仕事の改革を…。

コメントする

記事ランダム

記事カテゴリ

どうどん!