doudonn WEB制作やサーバーの話とかいろいろ

広告ブロックを判別してアドセンスの代替広告を表示する方法

doudonn 更新日:
広告ブロックを判別してアドセンスの代替広告を表示する方法

代替広告は必須。

「uBlock Origin」や「Adblock Plus」利用者は年々増えていき、
ジャンルによっては利用者は50%を超えます。
その50%の人に広告を表示しないともったいない。

その方法を紹介。

1、サンプルコード

<div id="kblock">

<ここにアドセンスのコードが入っている>

</div>

<script>

document.addEventListener('DOMContentLoaded', function() {
if(document.getElementById('google_esf') === null) {
var doc0= document.getElementById("kblock");
doc0.innerHTML= '違う広告のコード';
}
});

</script>

アドセンスで使われるID名「google_esf」がページ内に無かった場合、
要素「kblock」の中身を変更するコードです。
今のところこれで完璧に対応できています。

もう一つのやり方として「要素の高さで判別」という方法もありますが、
広告ブロッカーは広告が入っている要素ごと消し去る場合もあるので、
ID・Class名等で検索して判別するのが良いかと思います。

2、当然消されない代替広告を

アドセンス系広告はほぼ無理です。

代替となるのは普通のテキスト広告とかですね。
Amazonや楽天市場へのテキストリンクだったり、
a8.netなどのテキストリンクを。

「js」や「iframe」を使っている広告もほぼ消されるので、
純粋に「aタグ」で始まる広告を使ってください。

Amazonの画像を使う場合、APIで取得した画像URLなら消されないので、
広告ブロッカー対策となるとほぼAPIの利用が必須です。

3、狙い撃ち削除に注意

「特定のサイトの特定の要素を削除」という指定もされている。

広告ブロッカーは大手サイト等は個別に対応した広告削除をしています。
そのサイトのコードを見て、広告が入っている要素を全て削除、と。
これは有志により日々アップデートされています。

対策としては、ID・Class名をランダムにすることが有効です。
しかし、それでもリンクURLで判断されると厳しい。
ある程度は諦めとなりますが、一応は確認・対策をしてください。

というのもあり、いろいろな広告ブロッカーを使って確かめるのは大事。

--

代替広告は意外とやっている人が少ない。
やって損は全く無いので是非挑戦してみてください。

--

アフィリエイトの関連記事

記事一覧はこちら:アフィリエイト

管理人について
doudonn
名前:doudonn(どうどん)
ひたすらWEB制作な人。
一応社長です。音ゲー好き

<Twitterはこちら>
ゲーム垢
WEB制作垢
お知らせ

2022年11月30日に全記事削除しました。
まだ再開に向け作りかけ。


無駄にページ表示速度にこだわってます。

役立ちサイト
wiki
© 2022-2023 doudonn All Rights Reserved.