doudonn WEB制作やサーバーの話とかいろいろ

同時アクセスのボトルネック「ネットワーク(回線)」対策の話(VPS・レンサバ)

doudonn 更新日:
同時アクセスのボトルネック「ネットワーク(回線)」対策の話(VPS・レンサバ)

ネットワーク(回線)のボトルネックをどうするか?

CPUとメモリ、コネクション数などの対策は簡単。
一番やっかいなのは回線だと思います。

レンサバ、VPSでの解決策を語りたい。

1、レンサバ・VPSの回線問題

レンサバ・VPSの回線問題(ボトルネック)

100Mbps共有回線とかいう自宅回線以下が普通。

回線だけは制限しないとレンサバ会社はやっていけない。
どうしても制限がきつくなってしまいます。
同時に100Mbps=約12MBしか送信できないので、同時アクセスにとても弱い。

こんな回線だといくらサーバーのスペックが良くても意味が無い。
同時アクセス対策を考えるなら回線の改善が必須です。

2、ロードバランサは意味が無い

ロードバランサはネットワーク(回線)のボトルネック対策いならない

ロードバランサに回線が集中してしまう。

ロードバランサの種類により分散先のサーバーから直にクライアントに返すこともできますが、
回線のためだけにやるのはどうかと思う。
一般的にはロードバランサがまとめてクライアントに返すことになります。

100Mbps共有回線というのは変わらず、その他負荷だけ分散しても同時アクセス的には無駄。
最終的なボトルネックは必ず回線になります。

3、CDNが回線ボトルネック対策としては最強

CDNはネットワーク(回線)のボトルネック対策としては最強

今はCDNの時代。これで全てが解決する。

画像だけでもCDNから配信するようにすれば、回線問題はほぼ解決する。
文字とかだけで同時に12MBも流すというのはよっぽどです。
CDNがあれば回線問題を気にせずサーバーのスペック増強ができる。

もちろんお金はかかる。
さくらのウェブアクセラレータなら「5円/1GiB」です。
1日10GiBで50円=月間1500円なのでそう安くはない。

最強ではあるのですが、同時アクセス対策としては無駄が多い。

4、GSLBという回線増強策

GSLBはネットワーク(回線)のボトルネック対策になる

振り分け先のサーバーの数だけ回線を増強できる。

IPアドレスにてランダムでサーバーを振り分けるので、
振り分け先から個別にクライアントに返すことになります。
1台あたり100Mbpsなので、2台なら計200Mbps。

いくらでも簡単に増やせるのが強い。
お金もそうかからず、さくらクラウドのGSLBなら月額550円です。
同時に冗長化・負荷分散もできるのも良い。
振り分け先としてVPSメモリ1Gプランをたくさん用意すればコスパが良い。

GSLBはVPSやクラウド限定になりますが、バランスが良い対策です。

5、よってレンサバはダメ

レンサバはスペックが良くても回線が弱い

レンサバの回線はプランを上げてもパワーアップしないと考える。

マネージドサーバーなんかは上がるところもありますが、
普通のレンサバの上位プランでは変わらないと思います。
変わるならメッチャアピールするはず。

だから、レンサバの月額1万円のプランとか個人的には無駄としか思えない。
そのCPUとメモリ、同時アクセス的には意味がない。
重たい処理をガンガンやる人しか生かせないだろう。

CDNを使うのなら別だけども。

6、まとめ

VPSでGSLBが一番良いと思う。

CDNはやっぱり高い。自分のサイト全部やったら月額1万円はする。
そのお金をVPSの増強に充てる方が良い。
ただ、CSSとか軽いファイルだけCDNで配信するのはありです。

こんな感じで同時アクセスの回線ボトルネック対策は考えたい。

--

サーバーの関連記事

記事一覧はこちら:サーバー

管理人について
doudonn
名前:doudonn(どうどん)
ひたすらWEB制作な人。
一応社長です。音ゲー好き

<Twitterはこちら>
ゲーム垢
WEB制作垢
お知らせ

2022年11月30日に全記事削除しました。
まだ再開に向け作りかけ。


無駄にページ表示速度にこだわってます。

役立ちサイト
wiki
© 2022-2023 doudonn All Rights Reserved.